このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

こたつとみかん

何も無い白の世界―物語は、そこから始まる。
プロフィール

名無しの蜜柑

Author:名無しの蜜柑



どうも、名無しの蜜柑です。
基本一話完結。
少し変わったお話などを書いていこうかなと思っています。
気が向いたら読んでやってください。

リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
13535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
3656位
アクセスランキングを見る>>
FCランキング

ケンカの発生から終わりまで

どもー、名無しのみかんです。

えー、久しぶりの更新です。

というわけで、お題なんですが……酷いです。

何がひどいかっていうと、もう全てが。

ただただ長いだけ、としか言い様がありません(笑)

それでも読んであげるって方!

ありがとうございます。

それでは、どうぞ!
» 続きを読む
スポンサーサイト



2009/12/13(Sun)  お題:幼馴染コメント(3)トラックバック(1)
▲このページのTOPへ

隠し事なんて通用しない

どうも~、名無しの蜜柑です。

今回を機に、諸事情により1週間程更新を停止します。

まぁ、時期が時期なんでわかる人にはわかると思いますが……。

それではどうぞー。
» 続きを読む
2009/12/05(Sat)  お題:幼馴染コメント(1)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

幼き日の思い出

どもー、名無しのミカンです。

最後にまた書くので、早速ですが、どうぞー。
» 続きを読む
2009/12/02(Wed)  お題:幼馴染コメント(1)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

二人で過ごした時間

どうもー。名無しのみかんです。

えー、今回から、お題を元にお話を作りたいと思います。

とりあえずお題が10個ありますので、それらを物語風に……。

うまくできないとは思いますが、頑張ります。

後、お題などは >>続きを見る から見れるようにするつもりなので、お願いします。

それでは、どうぞー。
» 続きを読む
2009/12/01(Tue)  お題:幼馴染コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

終焉

どもー、名無しの蜜柑です。

えー、最初はとくにないので、お話へ(笑)

今回も意味不明なお話ですよ!

それでは、どうぞ。

――――――――――――――――――――――――――――――――

【終焉】


クソッ、なんだってんだ!

荒れ狂う人波を掻き分け、前へ前へと進む。
後ろから、何かが崩れるような音が絶え間なく聞こえてくる。

「何だよ……訳がわかんねぇ!」




いい天気だ……。

俺は、日が差す中、普段通り会社へと向かい、歩道を歩いていた。

あと少しで会社へ着く。
その時、大地が揺れた。
尋常じゃないぐらいに。
しかし、不思議なことに建物に被害はない。
何だったんだ?
周りの者もそのような表情を浮かべていた。
有り得ない。
あれ程の揺れで建物が崩れないなんて。
            
だが……程なくして、そんな事はどうでもよくなった。

音が聞こえた。
大きな爆発のような音。
俺の遥か後方から……。
やっぱり崩れたのか、そう思い後ろを振り向く。
そして、俺は自分の目を疑う。

地面が……

地面が、沈んでいっていた。

こちらから見た限り、恐らく音の発信源から、波紋のように広がるそれは、間違いなくこちらに向かっていた。





「クソッ、どけっどけ!」

後ろからは、全てを崩す天災。
俺は、自分より遅い者を突き飛ばしながら、ただひたすらに逃げていた。
やがて、音が止む。

「なんだ……?」

後ろを振り向くと、先程までの勢いが嘘のように、事が止まっていた。
周りの者も、次々と異変に気付く。

「やった!助かったんだ!」

誰かが叫ぶ。
それに呼応し、人々は歓喜の声をあげ、天を仰ぐ。
そして……新たな異変に気付く。

晴天。

雲一つない青空に、ピンポン玉のような大きさの黒い点があった。
次第に大きくなっている。


人が、止まる。


大きくなったソレは、空を覆いつくしたと言っても過言ではない、巨大隕石。
届くはずの光が遮られた。
意識した訳じゃない。
無意識の内に、嘆いていた。

「ああ……終わったな」












その日、星が死んだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――

はい、以上です。

一体何がしたいのか(笑)

ところで、現在公開中の映画「2012」

古代マヤ文明が予言したとされる日で、地球が死ぬみたいですね。

因みに自分、一度本で見まして、その時は宇宙にある粒子の帯……フォトンベルトなるものが、太陽と地球の間になって、それが紫外線に含まれる感じで、それによって人の体内に潜む菌が活動しだし、疫病が蔓延して滅びる。

的な感じでしたかね。

うまく纏めれない、すみません(泣)

あ、後、本当かは知りませんが、マヤ文明は既に太陽暦を使用してたみたいです。

で、地球崩壊に関してですが、公に出すなよって感じですよね。

人なんていつ死ぬか分からないのに、それを言われると…。

例え間違いだったとしても、です。

何かができるってわけでもありませんしねぇ。

っと、長くなりましたのでこれで。

え? 終わり方が無理やり? 知ってます。

それではみなさんご一緒に。

ぐっだぐだ!(笑)

2009/12/01(Tue)  お話コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ
| HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
| HOME | NEXT »